宝食品のある小豆島は、江戸時代より醤油の名産地として知られています。主な調味料として醤油を用いる佃煮づくりも盛んで、宝食品はその伝統技術を受け継いでいるのです。確かな食材を使い、良質の醤油でじっくり炊き上げる佃煮。私たちはそこに、最新技術をプラスしました。それにより、より品質の高い「おいしさ」が生まれ、できたての味を封じこめることが可能になったのです。伝統と最新技術の融合により、宝食品の本物の佃煮が生み出されています。