企業理念

「価値ある味覚」を真摯に追求し、
新しい食文化を創造する

 1948年の創業以来、私たちは「佃煮」作りを通して、常に「価値ある味覚」を真摯に追求、具現化してきました。毎日の食卓に並び、安心・安全に食べられる“ゆかり深い”味。精励の日々を重ねた伝統と小豆島の自然が育んだ豊かな恵みを基本に、その時代の嗜好や最新の技術を敏感に取り入れながら発展させてきた滋味です。
  宝食品では今後も、これまで蓄積したノウハウと瀬戸内ならではの特色を活かしながら、何よりも挑戦し続けるスピリットを大切に、新しい食文化の創造に努めていきたいと考えています。

会社概要

社名 宝食品株式会社
本社所在地 香川県小豆郡小豆島町苗羽甲2226-15
代表者 代表取締役社長 大野 英作
事業内容 各種食品の製造販売
創業 昭和23年5月1日
設立 昭和23年10月1日
資本金 4,500万円
従業員数 89人(パート含む)
第1工場
第2工場

沿革

                                                     
昭和23年 組合立の宝食品製造所を設立し佃煮製造を始める
昭和23年 宝食品製造所を改組し、資本金150万円の宝食品株式会社を設立し上藤公平初代社長となる。
昭和25年 資本金250万円
昭和34年 資本金500万円
昭和36年 資本金1,000万円
昭和37年 電気煮炊設備完成
昭和39年 資本金2,000万円
昭和43年 包装工場新築
昭和48年 新煮炊場、包冷二棟新築、排水処理施設稼働
木下幸光 二代目社長に就任
昭和51年 新事務所落成
昭和56年 岩のり発売
昭和60年 関連会社(有)京宝亭設立
資本金3,000万円
昭和61年 資本金4,500万円
昭和62年 のり新工場稼働
木下英幸 三代目社長に就任
平成4年 宝友会館落成
平成6年 新含気包装製造工場新築
平成9年 中野満 四代目社長に就任
平成15年 浅尾正勝 五代目社長に就任
平成16年 ISO9001取得
平成18年 食品産業優良企業表彰事業において農林水産大臣賞受賞
平成18年のり佃煮瓶詰めライン増設
平成19年 のり佃煮ポーションライン増設
平成21年 片山俊朗 六代目社長に就任
平成25年 谷本充 七代目社長に就任
平成27年瓶詰冷却ライン改設
自動充填包装ライン増設
平成28年 第2工場新築
レトルト殺菌装置増設
画像式異物除去ライン新設
平成29年 ISO22000取得
大野英作 八代目社長に就任